フリーターなら知っておくべきメリタの5つの法則

[広告] 楽天市場


メリタ・アロマフィルター・AF−M【1×2】


| 2〜4杯用 | メジャースプーン付き | ・サイズ:幅135×奥行117×高さ94mm ・重量:92g  〜おいしさの結論は1つ穴〜   メリタのコーヒーフィルターを使えば、特別なコツを覚えなくても、おいしいレギュラーコーヒーがつくれます。コーヒー抽出には、さまざまな条件があります。とくに、お湯の流れと抽出時間が大切。その理想を追求したのが、メリタ式1つ穴フィルターです。内側に刻まれたミゾが、お湯の流れをコントロール。コーヒーを蒸らしたあと、必要杯数分のお湯を一度に注ぐだけで、ベストな味と香りを抽出できます。メリタのコーヒーフィルターなら、誰でも簡単に、コーヒー本来のおいしさをお楽しみいただけます。アロマフィルターは、穴の位置が少し高いので、抽出前にコーヒーを蒸らし、深くアロマを引き出します。   [ 表示の説明 ] メリタのフィルターとフィルターペーパーのサイズ表示(ハンドドリップの場合) 1回の給湯で抽出されるコーヒーの杯数(1杯あたり約125ml)を示します。2の場合は2杯(約250ml)のことです。 給湯の回数を示します。 2〜4杯用
価格:518円

メリタ電動コーヒーミルECG62−1B お試し100gコーヒー豆プレゼント 【送料350円】北海道700円、沖縄、離島1270円 敬老の日ギフト・景品・内祝いにも♪#_532P16Jul16


型式:ECG62−1B 電源:100V/120W 50/60Hz 定格時間:1分 サイズ【mm】:幅98×奥行98×高さ183   重量:750g 容量:70g、 人数:6 内容量:ヨーロピアンブレンド100g(ブラジル、コロンビア、エチオピアモカ、他) 原材料:コーヒー豆 賞味期限:6ケ月 保存方法:常温日陰保存
価格:2,649円

【melitta/メリタ】アロマフィルター AF-M 1×2 【10P01Oct16】


深いアロマを引き出す事に着眼したフィルターです。2〜4杯用(1杯約125ml)。 サイズ W135×D117×H94mm 重量 92g 備考 2〜4杯用メジャースプーン付き JANコード 4902717195122 ギフト対応
価格:544円

ダメ人間のためのメリタの3つのコツ

今日は、メリタドリッパーでコーヒーを淹れました。

サムネイル?表紙ってどう設定するんだろう。。
調べなきゃ。
毎日1分、なかなか面白い挑戦です。
ちょっとずつ顔出ししてます(笑)
そして今日は、ビューティースタジオMsさんへ
こちらも顔出ししましたウインク
少しずつ、今までしてこなかったことをしていこうと奮闘中でございます。
色んなことではなく、これ!って決めて進もうとニヤリ
すごい!すごい!ばっかりでしたが(笑)
沢山書きたいけど、明日、、運動会の予定で、、お弁当作ってきますおにぎり少しだけでも。
今日もありがとうございましたおねがい

すぐに使えるメリタテクニック4選

先週はずっと忙しくて、疲れがたまっておりますので、今日は日曜日のミサに行かず、自宅でゆっくりしております。

こういう日は、自称「おうちカフェ」でまったりとくつろいでおります。

近所にファミレスやチェーンコーヒーショップがあろうと、一番くつろげるのが自宅、そして一番リーズナブルなのが自宅の「おうちカフェ」です。

ドリップ用のコーヒー豆400g入りがスーパーで400円前後です。

お茶請けは、スーパーで売っている駄菓子で充分。

自宅に、コーヒーメーカーがあれば充分美味しいコーヒーがリーズナブルに楽しめます。

コーヒーメーカーは2~3千円も出せば、結構メーカー製の使えるものが購入できます。

カフェでのブレンドコーヒーが一杯250円前後だと考えれば、自宅でコーヒーメーカーでコーヒーを淹れて14~15杯も飲めば、つまり10日前後でコーヒーメーカー代のモトが取れます。

まあ、家にいるのも退屈だし、気分転換に外のカフェでコーヒーや紅茶を楽しもうという趣向の方々には別でしょうが。

自宅にドリップ式コーヒーメーカーもエスプレッソマシンもあるし、リチャードジノリやウエッジウッド、ノリタケなどの綺麗なティー/コーヒーカップも揃っておりますので、カフェでコーヒー・紅茶を飲むより、おうちカフェの方が結構リーズナブルに楽しめております。

明日からまた予定がぎっちり詰まっておりますので、今日はまったり、おうちカフェでございます。

Amazon

6,480円
Amazon

Amazon

2,435円
楽天

3,703円
楽天

3,703円
楽天

21,600円
Amazon

8,100円
Amazon

6,479円
楽天

5,184円
楽天

3,801円
Amazon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする