埼玉の大宮盆栽

埼玉県の大宮地区は、盆栽で有名な街です。
実際に盆栽町という地名もあります。

この大宮区盆栽町の由来は、江戸時代にさかのぼります。

参勤交代ならぬ、
歴代の将軍が、お参りしたのは、日光東照宮。

江戸城から、この東照宮までの道のりを、
御成街道、と呼びます。

千代田区の江戸城をでて、
一般人が通る道、混雑した道を避けて、荒川河口の赤羽まで到達。

荒川は、さすがの将軍も、船の渡しに乗るわけです。
対岸の川口に到着すると、
ここからは、東北道、中山道が大宮まで一緒です。

この街道をを経て、日光にいたる道筋を、
おなりかいどう、と呼んでいたわけですね。

それと、盆栽との関係は。

実は、東照宮の建設には、
全国から宮大工が集められたそうです。

何年もかかって建立、また補修。
その宮大工の一部は、
故郷に帰らず、大宮に住みついたとか。

 埼玉の盆栽 動画 でどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする